オリコン顧客度No.1のGPSが今なら無料に>>

Hamic POCKET(ハミックポケット)とはどんなスマホ?使ってわかったメリット・デメリットを徹底解説!

当ページのリンクには広告が含まれています。

お子さんが小学生に上がるタイミングで、キッズスマホをもたせるご家庭が増えています。

ドコモやソフトバンクなどのキャリアが販売しているキッズ携帯や、使わなくなった通常のスマホを格安SIMで使ったりと選択肢がいくつもあり悩みどころです。

子供のスマホデビューには「Hamic POCKET」がおすすめよ!

キャリアのキッズ携帯では親もキャリアに契約していないと最大限の機能が使えなかったり、通常のスマホでは子供が使いこなせなかったりと、デメリットの部分が多く存在してきます。

Hamic POCKET(ハミックポケット)であれば、親の契約キャリアも関係無しでスマホに慣れていない小さな子供でも使いやすい設計で作られています。

本記事ではスマホデビューにぴったりなHamic POCKETの特徴から使って感じたメリットやデメリットまで詳しく解説していきます。

この記事でわかること
  • Hamic POCKETの特徴やできること
  • キッズ携帯との違い
  • メリット・デメリット

とても使いやすいキッズスマホでおすすめだよ!

子供にキッズスマホを持たせたいけど、イマイチどれにしたらいいかわからない・・。そんな方はぜひ参考にしてください。

Hamic POCKET
総合評価
( 5 )
メリット
  • 子供が使いやすい操作性
  • 親の契約している携帯会社は関係ない
  • 防犯ブザーが搭載
  • ネットリテラシーを高められる
  • 最低利用期間や解約違約金がない
デメリット
  • 電話番号がない
  • LINEが使えない(推奨されていない)

\スマホデビューに最適機能盛りだくさん/

目次

Hamic POCKET(ハミックポケット)ってどんなスマホ?

Hamic POCKETとは、Hamee株式会社が販売しているスマホデビューにぴったりな子供用のプレスマホです。

Hamic POCKET

プレスマホとは、キッズ携帯と大人用スマホのいいところを組み合わせて開発されたスマホです。

スマホケースでお馴染みのiFaceブランドを手掛けているのもこのHamee株式会社となり、このHamic POCKETもiFace同様におしゃれで可愛らしいデザインが採用されているのも特徴のひとつなのです。

本体料金12,100円(税込) 
月額料金1,100円(税込)
(データ通信1GB付)
本体サイズ約縦10.65×横5.76×厚2.42cm(ケース装着時)
本体重量約151g(専用ケース・専用バッテリー装着時)
カラー展開ピンク・ブルー・ホワイト
電池容量2,000mAh

当ブログを運営している私も、小学生と幼稚園児の2人の息子がいます。

この記事をご覧いただいているあなたも、お子さん用のスマホを検討しているのではないでしょうか?

キッズ携帯?GPS?スマホ?格安SIM?子供に一体何をもたせればいいの?

位置情報の確認や連絡も取りたいからキッズスマホを持たせたいけど、子供にいきなり使いこなせるかしら?

スマホをもたせてスマホ依存や危険なトラブルに巻き込まれないか心配・・・

子供にキッズスマホなどのデバイスを検討している保護者の方は、上記のような心配事があるはずです。

このHamic POCKETはそんな親御さんの心配事や悩みを解決できる、子供のための「ファーストスマホ」用に作られているのです。

社会が抱える「孤立」に向き合い、新たな家族の日常を創り出します。 こどもたちの未来を創り、家族が安心して笑顔に暮らせる社会の実現を目指します。

HAMIC公式サイトの「叶えたい未来」より引用

実際に利用してみると、「そうそう!こんなスマホが欲しかったの!」と思わせてくれる、そんな製品です。

\通話・メッセージ・位置確認ができる/

キッズ携帯との違い

ほとんどの親御さんは、子供のスマホを持たせようと考えた時に、まず頭に浮かぶのは3大キャリアが販売しているキッズ携帯だと思います。

実際に私もまずキッズ携帯を候補にしたね!

そこでここでは、Hamic POCKETとキッズ携帯にはどんな違いがあるのか?

性能面などでの違いを比較してみました。

子供にスマホをもたせる時に、どんな部分を重視したいのか?そのあたりを比較してみて頂けるとどちらが良いか選びやすいと思います。

Hamic POCKETキッズ携帯
通話機能
メッセージ機能
GPS(位置情報)別料金
親がキャリア契約
防犯ブザー
データ通信(ネット利用)使用制限可
アプリ利用使用制限可
カメラ搭載されていない物もあり
子供だけで契約契約可能だが機能や割引制限

このように比較してみると、3大キャリアのキッズ携帯はデータ通信ができないので、ネット検索やアプリの利用ができないことがわかります。

あくまでも通話とメッセージの最低限の機能が搭載されたデバイスという位置づけです。

そして、キッズ携帯にもGPSは搭載されていますが、使用するには別途オプション料金が発生するのと、親御さんが同メーカーのキャリアに契約していることが条件になります。

夫婦ともども格安SIMを使っている我が家にキッズ携帯は不向きなのよね・・・

子供にスマホを与えるのは、習い事に行ったりお友達と遊びに出かけた際に、手軽に連絡が取れる目的でもありますが、1番重要なのは位置情報がリアルタイムですぐに確認できるということです。

そのため、我が家ではGPS機能が制限されてしまうキッズ携帯は候補から外れる形になりました。

Hamic POCKETの購入先

Hamic POCKETが購入できるのは公式サイトのみです。

先日本体代金の価格改定がおこなわれ、18,700円→12,100円(税込)とかなりの値下がりが発表されとてもお求めやすい価格設定になりました。

公式サイトでは、本体の他に専用ケースやストラップなども販売されているので、気になる方はぜひ下記ボタンよりチェックしてみてください。

\スマホデビューに最適機能盛りだくさん/

Hamic POCKET(ハミックポケット)の外観デザインや付属品

Hamic POCKETの外観デザインや付属品を解説していきます。

Hamic POCKETの同梱品
Hamic POCKETの同梱品

Hamic POCKETには「本体」「充電ケーブル」「マニュアル」に3点が同梱されています。

本体サイズはケースを装着した状態で約縦10.65×横幅5.76センチでコンパクトサイズ

厚さは約2.42センチなのでそこそこな厚みがあります。

両サイドには音量ボタン、充電ポートと電源ボタンが搭載。

重さは151gです。

iFaceによく似たおしゃれなケースが装着されていますので、あとからわざわざ買わなくても良いのもおすすめのポイントのひとつでもあります。

Hamic POCKETのストラップホール

ストラップを付ける穴も開いているから首から下げたりもできるね!

Hamic POCKET(ハミックポケット)の特徴やできること

ここでは、Hamic POCKETではどんなことができるのか?

子供のプレスマホに最適な特徴を解説していきます。

はみっくアプリで通話やメッセージ

Hamic POCKETには専用の「はみっくアプリ」があり、このアプリでメッセージの送受信や通話をすることができます。

LINEアプリみたいねモノね!

LINEのように、メッセージはチャット機能を搭載しているのでひと目で内容が確認できます。

通話もアプリを通しておこなうので無料で利用が可能です。

声も聞き取りやすいよ!

親御さんだけではなく、おじいちゃんおばあちゃんやお友達など、アプリをインストールすれば通話やメッセージが離れていてもいつでもできるのは嬉しい機能ですよね。

そして、はみっくアプリでは子供同士のメッセージなどを随時親のアプリ内にも通知できる設定があります。

確認できることで「LINEいじめ」のようなことを防ぐことができるよね!

ネット検索などの制限だけではなく、こうしたメッセージなどのやり取りも確認ができるので、普段から安心して使わせることができますし、もしおかしなやり取りをしていた場合には早めに注意することができるのも重要なポイントです。

GPS搭載でリアルタイムや過去の位置情報の確認

otta.g」という見守りGPS端末を販売しているottaと連携することで、専用アプリからGPSで位置情報をリアルタイムに確認ができます。

Hamic POCKETで位置情報の確認
位置情報の確認

位置情報もきちんと正確に計測できているよ!

更にはリアルタイムだけではなく、過去の行動履歴も確認が取れたり、よく行く場所などを「見守りスポット」として登録しておくことで、子供がそのスポットに到着した時に通知を受け取るジオフェンス機能も搭載されています。

Hamic POCKETで行動履歴を確認
Hamic POCKETで見守りスポット登録

学校や自宅、習い事などを設定しておくのが良いよね!

各機能の使用制限

Hamic POCKETはキッズ携帯とは違い、データ通信が利用できるので、ネット検索やアプリの使用ができます。

初めのうちはなくても良いけど、そのうちやっぱりネット検索やアプリは使いたくなるよね!

今は早いうちからネット検索などを理解しておく必要があるしね!

小学1年生の息子はすでに、学校から支給されたタブレットを使い学習しています。

私も以前までは「ネットやアプリなんて小学生高学年ぐらいからで充分」と思っていましたが、今の時代インターネットが生活になくてはならないのは間違いありません。

早いうちからネット環境になれさせることで、自身で気になることは積極的に調べたり、お友達と上手にコミュニケーションが取れるようになると思います。

でも、そのせいでネット依存や動画ばっかり見てしまうのも心配・・

Hamic POCKETは、保護者の端末から「Googleファミリーリンク」を利用することで、子供の使用制限やアプリの利用制限をかけることができるんです。

制限できる内容
  • 端末の利用時間の制限(曜日ごとにも設定可能)
  • アプリの利用制限(アプリのブロック・利用時間の制限)
  • コンテンツの制限(検索結果を管理し、サイトをブロック)

下記が各制限の一例です。

1週間の使用時間の制限設定。

Hamic POCKETでスケジュール設定

各曜日ごとに設定をかけられます。

You Tubeの使用時間の制限やコンテンツの制限

これだけ細かく設定できるなら安心だね!

写真撮影

Hamic POCKETにはキッズ携帯には珍しい背面カメラが搭載されています。

ハみっくポケットで写真撮影

撮影した写真ははみっくアプリを通して送ることもできるので、ただ保護者と連絡を取るためだけのデバイスではなく、友だちと遊んでいる風景だったりきれいな植物を撮って送ってくれたりなど、コミュニケーションツールとしても便利なんです。

ハミックアプリで写真を送信
ハミックアプリで送信

「こんなの見つけたよ」って撮ってきてくれた写真を見ながら話をしたりしていますよ!

Hamic POCKET(ハミックポケット)のデメリット

ここでは、Hamic POCKETのデメリットに関して解説していきます。

ただ結論をお伝えすると私自身デメリットにはほとんど感じることはありません。

使う方によってはデメリットに感じることがあるかもしれないなーと思う程度です。

電話番号がない

Hamic POCKETには電話番号が付与されていません

Hamic POCKET

通話をするのであればはみっくアプリから通話機能を利用する必要があります。

そのため、はみっくアプリを利用していないユーザーや固定電話に電話をすることはできません

ですが、小さいうちから保護者以外に電話をする機会はほとんどありません。

裏を返せば電話番号がないことで、知らない番号からの電話などもないので犯罪などに巻き込まれる心配もないと言えるでしょう。

LINEが使えない(推奨されていない)

Hamic POCKETはLINEを利用することはできません。

厳密には利用しようと思えばできるのですが、使用を推奨されていないというのが正しいです。

推奨されていない理由は下記の通りです。

  • LINEがスーパーアプリなのでいろいろなサービスを利用できてしまう
  • 未然にトラブルが防ぎにくい
  • LINEの推奨年齢は12歳以上

スーパーアプリとは、ひとつのアプリの中でさまざまなアプリが統合されているものです。

要はLINEの中で、音楽や漫画、ライブ配信に決済サービスなどの各サービスを利用できてしまうことです。

私達が使う分には便利だけど、子供には触れてほしくない情報や機能を利用してし合う恐れがあるもんね!

LINEはHamic POCKETのようにメッセージのやり取りを確認したり、機能の制限をかけたりすることができないため、トラブルに巻き込まれてしまう可能性が少なからず出てきます。

そういったことからLINE自体も使用する推奨年齢を12歳以上に設定しているので、連絡を取るのであればはみっくアプリを利用するのが最も安心と言えるでしょう。

Hamic POCKET(ハミックポケット)のメリット

Hamic POCKETは子供のために作られたプレスマホだけあり、子供にとってメリットがとても多く存在します。

ここでは、どんなところが子供にとってメリットがあるのかを解説しています。

Hamic POCKETのメリット
  • 子供が使いやすい操作性
  • 保護者の携帯会社は関係なく利用できる
  • 防犯ブザーが搭載されている
  • ネットも使えるのでリテラシーを高められる
  • 最低利用期間や解約違約金がない

子供が使いやすい操作性

Hamic POCKETのホーム画面
シンプルなホーム画面

キッズスマホを考えた時に、使っていないスマホをお下がりにして格安SIMで運用する方法も考えました。

しかし子供の年齢が低ければ低いほど、普通のスマホを大人と同じ用に扱うのは困難ですよね。

その点Hamic POCKETは、本体のサイズ感やアプリなどの使い勝手含め、操作性が小さな子供でもとても作りやすい設計になっているんです。

子供の手に収まりやすいサイズ感だし、ホーム画面もとてもシンプルでわかりやすい!

Hamic POCKETびホーム画面にはアプリが4つだけ設置。

  • はみっく(アプリ)
  • カメラ
  • アルバム
  • しらべる(グーグル検索)

通常のスマホのように、アプリがいくつも設置してあると不慣れな子には使いこなせないですが、最低限のよく使うであろうアプリだであれば使い方を覚えるのもかんたんです。

保護者の携帯会社は関係なく利用できる

キャリアのキッズ携帯は、保護者も同じキャリアを契約していないと割引や位置情報などの機能を使うことができない傾向にあります。

しかしHamic POCKETは、保護者のキャリア関係なく契約からすべての機能まできちんと利用できます。

格安SIMを使っていてもきちんと使えるのは嬉しいよね!

防犯ブザーが搭載されている

Hamic POCKET本体の下部には、「SOS」と記載されたストラップが付いており、防犯ブザーとしての機能が搭載されています。

Hamic POCKETの防犯ブザー

使い方は簡単で、ストラップを引っ張るだけでブザーが鳴り始める仕組みです。

僕の力でも充分引っ張れるよ!

防犯ブザーが鳴ることで瞬時に保護者の端末に通知とメールが届き、現在地の位置情報がわかるURLも合わせて送られてきます

万が一の時に防犯ブザーは大切。わざわざGOS端末と別で持ち歩く必要がないのも嬉しい

防犯ブザーの音量も大きいので、きちんと役割を果たしてくれます。

ネットも使えるのでリテラシーを高められる

「キッズスマホにインターネットやアプリの機能はいらないんじゃない?」

そう思われている保護者の方も多いと思います。

しかしインターネットが当たり前の昨今では、小さいうちからインターネットの良し悪しを覚えさせておくのも重要です。

危険なものには制限をかけて、ネットの良いところや悪いところ学ばせるのも、のちのち必ず役に立つよね!

Hamic POCKETは細かいところまでしっかりと制限がかけられることから、子供を危険なサイトなどから守り、リテラシーを高めて上げましょう。

最低利用期間や解約違約金がない

子供にスマホをもたせたいけど、きちんと使いこなせるか不安な方も多いはずです。

せっかく買ったはいいけど全然使いこなせなかったら不安・・

Hamic POCKETは基本的に小さいお子さんでも使いこなせるぐらいシンプルな操作性が特徴ではありますが、それでも万が一使えない時には、もう少し成長してから使わせようと考えますよね。

しかし、そんな時に最低利用期間や解約違約金がかかってしまっては意味がありません。

Hamic POCKETではそのどちらもなく、自由に購入できて自由に解約することができるので、不安なく購入ができるのもメリットのひとつと言えます。

Hamic POCKET(ハミックポケット)はこんな子におすすめ

実際に使用してみて、Hamic POCKETはこんな子におすすめだなーと感じました。

  • スマホデビュー
  • ひとりや友達と行動し始めた
  • 習い事を始めた

年代的には小学生低学年あたりの子が、サイズ的にも操作性的にもピッタリで使いやすいですね。

\通話・メッセージ・位置確認ができる/

まとめ

Hamic POCKETは、キッズ携帯以上の通常のスマホ未満で両方の良いとこ取りをしたプレスマホです。

小学生にもなると好奇心旺盛になるので、お友達と遊んでもなかなか帰ってこなかったり、ひとりで寄り道したりと心配事が増えてきます。

そんな時でもHamic POCKETがあれば、すぐに通話やメッセージにリアルタイム位置情報まで確認できるので、子供も保護者も安心できます。

気になる方はぜひ以下のボタンリンクから公式サイトで詳細をご確認ください。

\通話・メッセージ・位置確認ができる/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次